ループイフダンだけじゃない!?アイネット証券がおすすめな理由

広告のようなタイトルになってしまいましたが、違いますよ!別にアイネット証券からお金をもらっているわけではありません!

純粋におすすめしたい理由を発見したので、この記事を書いています!!

アイネット証券といえば、リピート系FX自動売買でトラリピと並んで有名な『ループイフダン』を扱っている証券会社です。ふーじーもループイフダンで豪ドル円を運用しています。

ループイフダンもおすすめなんですが、実は、スワップ派にもサヤ取り派にもおすすめな理由があるんです!

おすすめ理由① スワップ付与日が他社と異なる

おすすめ理由の1つ目がスワップポイントの付与日が他社と異なる点です。

多くのFX口座では、水曜日から木曜日にかけてポジションを持ち越した場合に3日分のスワップポイントを受け取ることが出来ます。アイネット証券は、金曜日から月曜日にかけてポジションを持ち越したときに3日分のスワップポイントがもらえるんです。

また、多くのFX口座では祝祭日がある場合には、スワップポイントの受取日が変更になります。例えば、2019年のゴールデンウィークが10連休のため、11倍デー(11日分のスワップポイントを受け取る権利が発生する日)というビッグなスワップ受取日が発生しました!

でも、アイネット証券は、為替が動いている限り祝祭日は関係なし!お正月以外は基本的に上記の1・1・1・1・3の付与日数が崩れることはありません。

最終的にはもらえる日数は一緒なんでしょ!?

そうです!でもこのスワップポイントの付与日数のずれをうまく使えば、為替変動リスクがほとんどない状態で短期間にちょちょっと小遣い稼ぎができるんです!

詳しくはこちらの記事をご覧ください☟

GW期間中に2カ月分のサヤ取り利益を得る方法

 

おすすめ理由② スワップポイントが高水準

おすすめ理由の2つ目がスワップポイントが高水準であることです。

高金利通貨であるトルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランドのスワポを高水準でキープしています。

アイネット証券HPより

これはスワップ派にもリピート派にもうれしいですよね。

ただし、スプレッドが広いので短期の売買には向いていません。下の左図は、スマホアプリで確認した時のレートです。メキシコペソのスプレッドが0.1~0.3銭で推移していました!

これは使える!と胸を躍らせたのですが、実は、メキシコペソ・トルコリラともにループイフダン口座での取扱しかなく、実際には右図のスプレッドが適用されます。

ともに7銭広すぎる😱これでは長期保有のスワップ派でないとポジション取りづらいですよね。

アイネットFX口座での取扱開始を要望しておきました。メキシコペソのスプレッドが0.2銭前後なら短期売買でも活用できますよね!アイネット証券さん、ぜひぜひご検討ください!!

おすすめの活用方法

現在の広いスプレッドでもおすすめできるのは、トルコリラ円の2つの運用です。メキシコペソ円は、スプレッドが0.4銭のセントラル短資で保有するほうが断然お得です。

①長期でトルコリラをスワップ運用

トルコリラ円を保有する場合のコストは、1万通貨あたり700円(スプレッド7銭)です。

スワップポイントが現在120円なので、6日でコストを回収することが出来ます。ちなみにペソだと1カ月半近くかかるのでアイネット証券での保有をおすすめしていません。

下の表は、アイネット証券(スプレッド7銭)がスワップ120円を継続した場合と、他社(スプレッド1.7銭)がスワップ110円を継続した場合の利益を比較したものです。

あくまで仮定ですが、スワップポイントの差額10円のままならば、2カ月経過後にはスプレッドが広いデメリットをカバーし、アイネット証券のほうが利益が多くなります。そして、1年後には3000円以上の差額となります。

2カ月以上の長期保有を考えている場合にはおすすめ出来ます。ただし、トルコリラは為替変動リスクが大きいので、レバレッジ2倍以下での運用、もしくは大暴落時の購入をおすすめします。

アイネット 他社
30日後 2900 3130 -230
60日後 6500 6430 70
1年後 43100 39980 3120

②トルコリラ円でサヤ取り

ふーじーは、GWサヤ取りでアイネット証券を活用しました。

スワップ付与日の特性を利用して、売り口座でマイナススワップが発生しない中、アイネット証券で10日分の買いスワップのみをGETする戦略です。これでスプレッド分のコストを上回る利益を得ることが出来ます。

じゃあ今から始めるには手遅れなの?

そんなことはありません!普段でもスタート日を金曜日にすれば、スプレッドが広いデメリットを小さくすることが出来ます

トルコリラ円のサヤ取りでは通常、買い口座に「みんなのFX」や「くりっく365」を使用することが多いです。この場合、スプレッドは2~3銭程度です。

ということはアイネット証券では、1LOTあたり5銭(500円)程度余分に費用がかかります。

でも、金曜日にサヤ取りを開始することで、2日分(アイネット証券3日分・売り口座1日分)のスワップを丸々利益に出来ます。

現在、アイネット証券のトルコリラ円のスワップポイントが120円なので、これでコスト差が260円まで減少します。

また、GW前のスワップポイントを比較すると、アイネット証券は前述の2口座よりもスワップポイントが10円程度多い(アイネット120円・みんF110円・くりっく104円)です。

ということは、サヤ取り開始から26日目以降はアイネット証券のほうが利益が増え始めます。今後のスワップポイントの動向は分からないのであくまで机上の空論です。


シストレi-NET

アイネット証券さんへお願い

アイネットFX口座で、トルコリラ円とメキシコペソ円の取扱いを開始してください。

もちろん、スプレッドはなるべく狭くしてくださいね!