マネパ連続予約注文のやり方~指値/逆指値注文を楽々設定!

100通貨単位で”ミニトラリピ”が可能なマネーパートナーズFXnanoの連続予約注文!

慣れていないと注文の設定方法がやや難しく、ふーじーも最初、どこから注文を出したらいいのか迷い、適当にクリックして失敗!1万通貨単位で成行注文してしまいました😱慌ててすぐに決済したので、スプレッド分の損失で留めることが出来ましたが、決済にもたついていると大きな損失を被る可能性も💦

また連続予約注文では逆指値注文が出来ないんですが、やり方を少し工夫することで疑似逆指値注文を出すことが可能です。

今回の記事では、初心者にもわかりやすいように連続予約注文の方法を紹介します。

基本ほったらかしの投資方法なので、再設定するときには忘れている可能性も!?自分自身のためにもしっかりわかりやすいように記事に残しておきたいと思います!

指値注文の設定方法

まずは指値注文。買い注文の場合なら現在価格よりも下落したときに約定する指値注文の連続予約注文から紹介します。後述する逆指値注文に比べるとシンプルです!

ステップ① 連続予約注文を選択

まずは注文方法を選択します。

下の画面で【売Bid】【買Bid】と書かれているところが現在の価格です。ここを間違えて押してしまうと確認画面もなく注文が成立してしまいます。ふーじーが最初にやらかしたミスです。

一刻も早く【ストリーミング】をクリックして、出てきた5種類の注文方法の中から【連続予約注文】を選択!

ステップ② 連続1回目の注文を設定

連続予約注文を設定したら、さっそく連続注文の1回目の注文を仮発注します。

画面の上からまずは①通貨ペアを選択します。通貨ペアが書いてある部分をクリックすれば、先ほどの注文方法と同様に取り扱っている通貨ペアが出てくるので、その中から選びます。

つづいて②取引数量です。100通貨単位の設定の場合、「100」にします。

次は、③売or買。買い注文なら「買」、売り注文なら「売」を選択します。

ここまで設定したら、④注文価格の入力。指値価格を入力します。右横は「無期限」のままでOKです。

最後に、⑤決済価格の設定。指値(利食い)の部分に利確したい決済価格を入力します。逆指値(損切り)はそのままでOKです。損切り設定したい場合は、その価格を入力しますが、4すくみタスキ掛けでは損切りは考えていないので必要ありません。

ここまで入力したら【続けて注文を入力する】をクリックし、1回目の注文を仮発注します。右横の【連続予約を完了し発注する】を押すまでは注文は確定しません。

ステップ③ 連続2回目以降の注文

ここからは簡単です。連続2回目以降の注文を出す際の注意点は1点のみ!【前注文の利食い約定時】が選択されていることを確認して、あとはひたすら【続けて注文を入力する】をクリックし続けます。

その際、連続発注条件に「利食い」と記入されていることを必ずチェックしておいてください。ここが「新規」になっていたら大変です!

ステップ④ 注文を確定

連続20回目まで仮発注したら、最後に【連続予約を完了し発注する】を押します。つづいて注文確認画面が現れるので【注文する】をクリックして注文を確定します。

逆指値注文の設定方法

つづいて現在価格よりも不利な条件で注文を出す逆指値注文です。買い注文ならば現在価格よりも高い価格、売り注文ならば現在価格よりも安い価格で発注する場合です。

ステップ① 連続予約注文を選択

指値注文同様に、連続予約注文を選択します。

つづいてステップ②で指値の欄に注文価格を入力して発注すると以下のようにエラーメッセージが出ます。

そうなんです!逆指値注文ができないんです!

でも、安心してください!

ちょっとした工夫をすることで、疑似逆指値注文を出すことが出来ます。

ステップ② ダミーの指値注文を設定

逆指値注文が出来ないのなら、あえて1回目の注文を指値注文にします。①通貨ペア②取引数量を指値注文同様に選択し、つづいて③売買の選択。ここで指値注文となるように反対の売買の選択します。④注文価格逆指値注文で発注したい価格と同じ価格を入力します。この連続1回目の注文はダミーの注文なので、約定後すぐに決済されるように⑤利食いと⑥損切りをすぐ近くの価格で設定し、⑦仮発注します。

基本的にこのダミー注文はすぐに損切りにかかるので、わずかながら損益が発生します。費用だと思ってください。マネパさんが早く逆指値注文できるように修繕してくれることを願います。

ステップ③ 逆指値注文を設定

ここからが本来の逆指値注文になります。

まず、①連続条件を【前注文の新規約定時】にします。これでステップ②のダミー注文が約定した瞬間に、本来発注したかった逆指値注文も発注されます。

②売買はダミー注文とは反対。本来選択したかった売買です。注文価格はいじらず、そのままダミー注文と同じ価格です。そして③決済価格を設定して④仮発注します。

仮発注すると以下のような画面になります。必ず「新規」になっているか要確認!

ステップ④ 連続3回目以降の注文

連続3回目以降の注文で気を付けることは、連続条件を【前注文の利食い約定時】に変更することです。

この1点のみ!

これを間違えて【前注文の新規約定時】にしたままだと、ダミー注文が約定した瞬間に連続2回目から最後の連続20回目までのすべての注文が約定してしまいます。要注意です!!

あとは売買・指値・指値(利食い)はいじらずに、ひたすら【続けて注文を入力する】をクリックします。

連続20回目まで仮発注したら、最後に【連続予約を完了し発注する】を押します。つづいて注文確認画面が現れるので【注文する】をクリックして注文を確定します。「両建になる可能性があります」というエラーメッセージが出ますが、そのまま気にせず注文!これで完了です。

マネーパートナーズの連続予約注文を使いこなせば、資金が少なくても100通貨単位のミニトラリピを設定することが出来ます。しかもスプレッドが狭くて低コスト!他の自動売買より少し手間はかかりますが、資金の少ない初心者におすすめです!

 外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ