イギリスFTSE100はリピート売買がおすすめ!最適な利益幅は?

イギリスの株価指数「FTSE100」のCFD投資が人気です。

くりっく株365の取引所CFDを利用して配当狙いで長期保有する運用スタイルが主流でしたが、2021年3月以降は1年3カ月以内の保有期間に変更され、従来のような長期保有が出来なくなってしまいます

ふじぽん

FTSE100の投資から撤退するしかないのかなあ

いえいえそんなことはありません!!

FTSE100は、取引所CFDだけでなく、店頭CFDとして扱っている証券会社もあります。

ふーじーのおすすめは、GMOクリック証券です。

店頭CFDの特性を生かしてFTSE100をリピート売買すれば、従来の配当狙いよりも利回りがアップする可能性があります。

こんな方におすすめ
👉くりっく株365から乗り換えを検討中の人
👉GMOクリック証券ですでに口座を持っている人
👉FXでトラリピがループイフダンをやっている人


イギリス100(GMO)とFTSE100(くりっく株365)の違い

まずは、GMOクリック証券の店頭CFD『イギリス100』とくりっく株365の取引所CFD『FTSE100』の違いを比較してみます。

主な違いは以下の通りです。

GMOクリック証券
(店頭CFD)
くりっく株365
(取引所CFD)
名称イギリス100FTSE100
取引単位株価指数の0.1倍株価指数の100倍
為替の影響ありなし
取引価格株価指数×ポンド円×0.1株価指数×100
利益 ※100pip当り100×ポンド円×0.1(円)1万円
スプレッド3.8pips50pips程度
手数料なし147円
配当金なし
(価格調整額3,711円)
22,216円
配当回数(価格調整額 年4回)年50回程度
レバレッジ最大10倍最大約30倍
必要証拠金約10000円26000円
保有期限無期限1年 ※2020年9月~

※ 配当金は2018年実績

店頭CFDのほうが取引にかかるコストが少なく、取引単位が小さいため少ない資金で始めることが可能です。

2020年9月以降、くりっく株365は保有期限が発生しますが、店頭CFDなら無期限なのはうれしいメリットです。なるべくほったらかしにしたいふーじーにとって、期限が来て乗り換えないといけないのは面倒ですからね(^^;

一方、店頭CFDのデメリットは配当金がないことです。配当金にあたるものは、取引所CFDでは配当相当額から金利相当額を引いたものになりますが、店頭CFDには配当金はなく年4回価格調整額が発生します。

イギリス100の価格調整額はこれまでプラスであり、2018年実績では年間3,711円でした。これを配当金と捉えるかどうかは微妙なところです。

なぜなら価格調整額が発生した金額分、株価指数も下がっているからです。日経平均は配当金が多く発生する日に株価が下がる傾向にあるので、これと同じように考えるなら配当金とも呼べますが…

イギリス100ならリピート売買がおすすめな理由

配当金があるようでないようなイギリス100、くりっく株365と同じような配当金狙いの長期保有戦略でいいのか?

低コスト・少額で運用できる店頭CFDは、実はリピート売買にも適しています。

取引所CFDが年50回程度、つまり週1回の割合で配当日があるのに対して、店頭CFDはたったの年4回。ということはずっと保有し続けていなくても、価格調整額が発生する3・6・9・12月に保有していれば価格調整額を受け取ることが出来ます。 ※ただし価格調整額が必ずプラスである保証はありません

小まめにリピート売買による利益を狙いながら、価格調整額が発生するタイミングで保有中であったポジションでは、価格調整額を貯めながらリピート決済を待ちます。

◆過去の価格調整額実績

3月6月9月12月合計
2020年6315461177
2019年12289784947683468
2018年12839695559043711
2017年10378796118903417

データ検証!最適な利益幅は?

それでは、実際に運用したらどのくらいの利回りになるのか?2018年の店頭CFD『イギリス100』の時間足でバックテストしてみました。

検証に用いた運用プランは以下の通りです。

検証プラン
設定範囲:7100~7580
設定本数:30本(20ポイント刻み)

検証の結果、利益幅90と100が最も利回りが高くなりましたリピート益が14万円、価格調整額が8万円であわせて年間22万円の利益という検証結果です!

1日あたり変動幅の平均値が80ポイントなので、妥当な結果でしょうか

FTSE100の分析データ詳細はこちら👇
イギリスの株価指数を徹底分析!英国FTSE100の変動幅と推移

価格調整額狙いで30本を保有し続けた場合の利益に比べて、リピート売買することで利益が倍増する可能性があることがわかります。

利幅405060708090100150200250
決済(回)239181161138125111100604431
利益(千円)134127135135140140140127124108
配当(千円)54656674748080828484
合計(千円)188192201209214220220209208192

※ふーじーの自作エクセルシートで検証した結果です。くれぐれも参考程度に!

 

利益幅が狭いと決済のたびに注文を出しなおす頻度も増えるので、利幅100程度が面倒でなくていいのかなと思っています。

相場にあわせた取引ができる人は、下降相場では利益幅を狭め、上昇相場になったら利益幅を広げると利回りをさらにアップさせることが出来るかもしれません。

プラン設定の参考になれば幸いです。

注意
検証は7000台前半の株価で実施していますが、コロナショックの影響で2020年6月現在、株価が大きく下落しています。今後、第2波によるさらなる下落にも注意して資金に余裕の持った運用プランを策定しましょう!

イギリスの株価指数を使ったリピート売買に関心のある人は、GMOクリック証券がおすすめです!

ふーじー

いつも当サイトをご拝読いただき、ありがとうございます。ご参考にして頂ければ幸いです
ご質問やご要望、叱咤激励はお気軽にこちらからどうぞ!ご意見・ご感想を頂けると励みになります!(^^)!

☟応援クリックよろしくお願いします☟

ブログランキング・にほんブログ村へ