イギリスFTSE100はリピート売買がおすすめ!最適な利益幅は?

イギリスの株価指数「FTSE100」のCFD投資が人気です。

くりっく株365の取引所CFDを利用して配当狙いで長期保有する運用スタイルが主流でしたが、2021年3月以降は1年3カ月以内の保有期間に変更され、従来のような長期保有が出来なくなってしまいます

ふじぽん

FTSE100の投資から撤退するしかないのかなあ

いえいえそんなことはありません!!

FTSE100は、取引所CFDだけでなく、店頭CFDとして扱っている証券会社もあります。

ふーじーのおすすめは、トルコリラのサヤ取りでもお世話になっているGMOクリック証券です。

店頭CFDなら従来通りの配当狙いが可能です。さらに店頭CFDの特性を生かしてリピート売買することで、利回りをアップすることも可能です。配当狙いでも年利12%程度が想定されますが、リピート売買ならさらに…

こんな方におすすめ
👉くりっく株365から乗り換えを検討中の人
👉GMOクリック証券ですでに口座を持っている人
👉リスクをそのままで年利20%超の利回りを目指したい人

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券とくりっく株365の違い

まずは、GMOクリック証券の店頭CFD『イギリス100』とくりっく株365の取引所CFD『FTSE100』の違いを比較してみます。

主な違いは以下の通りです。

GMOクリック証券
(店頭CFD)
くりっく株365
(取引所CFD)
為替の影響ありなし
スプレッド3.8pips50pips程度
手数料なし147円
配当金3,711円22,216円
配当回数年4回年50回程度
必要証拠金約10000円26000円
推奨必要資金3万円16.6万円
年利12.37%13.38%

※ 1ポンド140円で計算
※ 配当金は2018年実績
※ 推奨必要資金は1400pipsの下落に耐えうる資金

店頭CFDのほうが取引にかかるコストが少なく、少ない資金で始めることが可能です。

一方で円建てではなく、為替の影響を受けます

配当金にあたるものは、店頭CFDでは価格調整額、取引所CFDでは配当相当額から金利相当額を引いたものになりますが、配当金という認識で特に支障はないと思います。配当による利回りもほとんど変わりありません。

リピート売買がおすすめな理由

低コスト・少額で運用できる店頭CFDは、実はリピート売買にも適しています。

取引所CFDが年50回程度、つまり週1回の割合で配当日があるのに対して、店頭CFDはたったの年4回。ということはずっと保有し続けていなくても、配当のある3・6・9・12月に保有していれば配当を丸々受け取ることが出来ます

◆2018年配当実績

2018年3月1283円
2018年6月969円
2018年9月555円
2018年12月904円
合計3711円

それならば、リピート売買で価格差益を狙いつつ、塩漬けになったポジションで配当を受け取るスタイルが有効です。

設定レンジを上抜けてしまったらノーポジションで全く利益は出なくなりますが、そんなときはメキシコペソ運用でも紹介した『リザリピ』です。

詳しくは、こちら(現在工事中)

2018年のデータ検証!最適な利益幅は?

それでは、実際に運用したらどのくらいの利回りになるのか?2018年の店頭CFD『英国100』の時間足でバックテストしてみました。

検証に用いた運用プランは以下の通りです。

検証プラン
設定範囲:7100~7580
設定本数:30本(20ポイント刻み)

検証の結果、利幅90と100が最も利回りが高くなりました。資金90万に対してリピート益が14万円、配当益が8万円であわせて年間22万円の利益、利回りは24.4%という検証結果です!

日々の平均変動幅が80ポイントなので、妥当な結果でしょうか

FTSE100の詳細データはこちら👇
イギリスの株価指数を徹底分析!英国FTSE100の変動幅と推移

配当狙いで30本を保有し続けた場合の利回りが12.4%なので、リピート売買することで利益が倍増する可能性があることがわかります。

利幅405060708090100150200250
決済(回)239181161138125111100604431
利益(千円)134127135135140140140127124108
配当(千円)54656674748080828484
合計(千円)188192201209214220220209208192

ふーじーの自作エクセルシートで検証した結果です。くれぐれも参考程度に!

2017年も同じ条件で検証

たまたま2018年がよい結果になった可能性もあるので、2017年もバックテストしてみました。

検証に用いたデータは、取引所CFD『FTSE100』の日足データです。店頭CFDのデータは、日ごとの分足データを自分で加工しなければいけないため、大変面倒なのでこちらのデータで検証しました💦

◆2017年検証結果

2018年が高値7903、安値6536だったのに対して、2017年は高値7697、安値7093とほぼ設定レンジにはまっていて利回りが高そうですが、実は2018年よりも利回りは減少しました。

それでも2017年も利幅60~100では年利20%程度の高い利回りとなっています。

利幅405060708090100150200250
決済(回)273223187157137122109654533
利益(千円)152156157153154153153136126115
配当(千円)22242627272930374651
合計(千円)174180183180181182183173172166

※日足データによる検証結果なので利幅が狭い設定ほど検証精度が低くなっています。ご了承ください。

◆2018年検証結果

取引所CFDの日足データによる検証結果が、店頭CFDの時間足データによる検証結果とどのくらい差が出るのか気になったので、2018年分もバックテストしておきました。

やはり利幅が狭いほど誤差が大きくなっていますが、傾向としては日足データでもある程度捉えていると思われます。

利幅405060708090100150200250
決済(回)277229194165137122107624533
利益(千円)155160163161154154150130127115
配当(千円)53607073757778818282
合計(千円)208220233234229231228211209197

今回の検証結果では、利幅は100程度が最もよい結果となりました。

利幅が狭いと注文を出しなおす頻度も増えるので、利幅100程度が面倒でなくていいのかなと思っています。

相場にあわせた取引ができる人は、下降相場では利幅を40銭程度に狭めると利回りをアップさせることが出来るかもしれません。

またバックテストは資金90万円で検証しましたが、もっと少ない資金で運用したい場合は、以下のように刻み幅と本数を減らしても同様の利回りが期待できます。

資金本数刻み幅
45万1540
30万1060
18万6100

イギリスの株価指数を使ったリピート売買に関心のある人は、GMOクリック証券がおすすめです!

GMOクリック証券CFD