ループイフダンでメキシコペソ円を運用するなら値幅は25銭が最適か!?

ループイフダンのメキシコペソ円の設定値幅に2019年5月27日から新たに25銭が追加になりました!

これまで50銭・100銭・150銭・200銭の値幅しかなく、ほとんど約定することがありませんでした。投資家の間ではもっと狭い値幅を求める声が多かったのですが、ついに25銭幅が新設されました。

ふじぽん

25銭でもまだまだ広いよね。。。

そんな声が聞こえてきますが、そんなことはありません!

スワップポイントの高いループイフダンの特性は生かすなら、これ以上狭い設定値幅は必要ないのです!!

値幅25銭と50銭の利回りを過去3年間で比較

2018年のメキシコペソ円は5.27円から6.16円の間で推移し、年間変動幅はわずか0.9円でした。もう1年前の2017年も年間変動幅は1.26円です。

2008年以降の年間平均変動幅を見ても1.79円であることから、100銭・150銭・200銭の設定値幅ではほとんど約定することはありません。

そこで今回、25銭と50銭の2つの設定値幅を比較してみました。以下の表は、過去3年間の日足データを自作エクセルシートで検証した結果です。

設定範囲は5.00~6.75で、25銭・50銭ともに25銭刻みで8本設定した想定です。スワップポイントは全期間16円で設定しています。

設定値幅201620172018合計
25銭44,500円16,700円15,500円76,700円
50銭41,000円24,500円13500円79,000円

年によって利益のばらつきはありますが、意外にも50銭幅のほうが合計利益が多くなりました

ループイフダンとトラリピを比較

つづいて、2019年5月からメキシコペソ円を取り扱い始めたリピート系FX自動売買の元祖・トラリピと比較してみます。

トラリピの詳細がまだ判明していないので、とりあえずスプレッド2銭・スワップポイント12円で想定した比較です。詳細が判明したらただちに修正します。

【追記201906】
トラリピのスペックが判明したので、スプレッド1.6銭・スワップポイント11円で検証しなおしました!

設定値幅25銭の場合

スプレッドの差が5.4銭あることで約定回数に差が出ています。2017年と2018年はその差が1回、値動きの激しかった2016年は3回の差が発生しました。

ただし、保有ポジションのスワップポイントがたまっていくことで決済回数の差を十分埋めてくれます。

201620172018合計
ループリピート益2500010000750042500
スワップ益195006700800034200
合計44500167001550076700
トラリピリピート益32500125001000055000
スワップ益135004000450022000
合計47000170001500077000

(ループイフダン:スプレッド7銭・スワップ16円、トラリピ:スプレッド1.6銭・スワップ11円で検証)

設定値幅50銭の場合

25銭より広い50銭では、決済回数の差がほとんど発生しません。2016年に1回の差が生じましたが、2017年・2018年の決済回数は同じです。

こうなるとスワップポイントの高いループイフダンのほうが利益が多くなります。

ちなみに下記の表は、25銭と比較するために25銭と設定本数・設定間隔を同じに揃えて検証しています。

201620172018合計
ループリピート益2000015000500040000
スワップ益210009500850039000
合計41000245001350079000
トラリピリピート益2500015000500045000
スワップ益145006000500026500
合計39500210001000070500

(ループイフダン:スプレッド7銭・スワップ16円、トラリピ:スプレッド1.6銭・スワップ11円で検証)

【追記201909】
トラリピの条件がさらに悪化しています。ふーじーの観測によるとスプレッド2.4銭・スワップ8円です。

メキシコペソ円なら10万円から運用可能

上記の検証結果からスプレッドの広いループイフダンでも25銭・50銭程度の広い設定値幅ならば、トラリピと比べて遜色ない、もしくはそれ以上の利益を出せることがわかりました。

これよりも設定値幅を縮めるとスプレッド7銭が大きく影響してくるので、ループイフダンでは値幅25銭、もしくは値幅50銭が最適だと考えています。スプレッドをもう少し狭くして頂けるとありがたいのですが…(^^;

検証と同じ設定ならば10万円あれば過去最安値の4.87円の下落まで耐えることが可能です。心配な場合は5円を割りそうになってきたときに5万円追加入金することで4.24円まで耐えることが可能になります。

10万円プラン
売買システム B50(MXN/JPN)
損切設定 損切なし
取引数量 1(10000通貨単位)
最大ポジション数 4
※0.25刻みになるように2セット設定
※7円に達したら2セットとも撤退

5.00円から6.75円の間に0.25円刻みになるようにセットしたいので、例えば5.75円で1セット目を発注したら、次は6.00円もしくは5.50円になったときに2セット目を発注すると0.25円刻みになります。

ループイフダン取引画面

ループイフダンですでに他の通貨ペアを運用している場合やリピート系自動売買を少額で始めてみようという場合におすすめです。


シストレi-NET

もう少し利回りの高い運用をしたいという場合はこちら👇
メキシコペソ円でトラリピ!おすすめ設定&最適な利益幅

 

ふーじー

いつも当サイトをご拝読いただき、ありがとうございます。ご参考にして頂ければ幸いです
ご質問やご要望、叱咤激励はお気軽にこちらからどうぞ!ご意見・ご感想を頂けると励みになります!(^^)!

☟応援クリックよろしくお願いします☟

ブログランキング・にほんブログ村へ