メキシコペソ円のおすすめ投資法は『スワップ積立&リピート売買』

トラリピで取り扱いが始まるなどFX初心者にも人気の高い通貨ペアがメキシコペソ!
トルコリラ・南アフリカランドなどとともに高金利通貨としてスワップポイントが高い点が魅力のひとつです。

でも、スワップポイントを受け取るだけの運用ではもったいない!

メキシコペソ円は、2016年以降おおよそ5円~6円のレンジで推移しています。
このレンジ相場が続くならスワップポイントを貯める運用方法よりも小まめに為替差益も狙う運用方法のほうが利益が増える可能性が高いです。

ただ本当にこのままレンジ相場がつづくかどうかは誰にもわかりません。
そこでふーじーが考案したのが、スワップ運用による『積立(リザーブ)』と『リピート売買』を組み合わせた運用プラン『リザリピ』です!

このリザリピ運用のストロングポイントは、
・相場がどのように動いても何らかの利益が積みあがる
・相場変動を気にせず、精神的に楽に運用できる

こんな人におすすめ!
☞高金利通貨でスワップ運用している人
☞ファンダメンタル分析やテクニカル分析が苦手な人
☞保有通貨の為替レートが気になってしまう人

過去10年間のデータ分析と実際のトレード検証でメキシコペソを分析しました。その分析結果から最適と思われる運用プランを公開しています!

ふじぽん

スワップ運用とリピート運用両方を組み合わせても最低20万円から始めることができるよ♪

リザリピとは

リザリピとはスワップ狙いの積立(リザーブ)とリピート系の自動売買を組み合わせた投資法です。
スワップ運用によるインカムゲイン(安定的収入)と、リピート運用にキャピタルゲイン(値上がり益)の両方を得る八方美人な運用方法です。

この手法ならそれぞれのデメリットを補いあえます。

リピート系自動売買のデメリット
・設定レンジを外れると利益が発生しない
・為替が変動しないと利益が発生しない
スワップ運用のデメリット
・為替がいくら変動しても利益が一定
・スワップポイントが減ると利益が減少

リザリピ運用は、為替差益とスワップ益を両方狙えます

スワップ運用しかしていない場合、為替レートがどんなに上下しても得られる利益はスワップ益のみです。購入した為替レートよりも下落すると含み損を抱え、不安にもなります。しかし、リピート売買ならば為替レートが上下すれば収益のチャンスです。

相場がどのように動いても何かしらの利益が得られるので、スワップ運用のみ、もしくはリピート運用のみに比べて「気持ち的に楽」ですし、「為替レートを見る楽しみ」も増えます。

設定レンジ内で推移した場合

一番うれしいのは設定レンジ内で推移してくれることです。
この場合が最も利益が増えます。

積立用ポジションでスワップ益を、リピート用ポジションで為替益を着々と積み上げていくことが出来ます。

設定レンジより上に外れた場合

設定レンジを上に外れた場合はやや複雑です。
リピート用ポジションは0になります。

でも積立用ポジションが残っているので、スワップ益は増えていきます
そして何より含み損がない状態です。
レンジを大きく外れるほど含み益が増えていきます。

リピート運用については上値を追いかけると下落したときの含み損が大きくなるので、ここはじっと我慢です。
リピート運用しかしていない場合、上値を追いかけたくなってしまいがちですが、スワップ積立用のポジションがあることで安心材料にもなります。

設定レンジから大きく離れた場合は、待機させているリピート売買用の資金がもったいないので、いつでも撤退しやすい運用方法「スワップさや取り」などで一時的に運用するのもありだと思います。

スワップさや取りについてはこちら☟
トルコリラ円のスワップさや取りをほったらかしで超安全に運用

設定レンジより下に外れた場合

設定レンジを下に外れたら含み損が増えてしまいますが、ロスカットラインに迫るような大暴落でなければ、リザリピ運用ならうれしい面もあります。

積立用ポジションを安く買うことができるのです。塩漬けになってしまったリピート用ポジションでもスワップ益を積みあげることが出来ます。

例えば、1万円分積み立てたいときの購入量を比較してみます。
ロスカットレートを4.85円で計算します。
メキシコペソ円の為替レートが5.8円のときは0.8LOTしか追加購入できませんが、為替レートが5.4円まで下落していれば1.3LOT、5.2円ならば1.8LOT購入することが可能です。

また資金に余裕があれば、リピート売買の設定レンジを下に広げるのもありです!
そうすれば、設定レンジ内で推移するよりも利益が増える可能性があります。

なぜメキシコペソがおすすめ?

 

おすすめポイント①変動率が大きい

下の表は、クロス円の通貨ペアの1日あたりの変動幅と変動率について、2008年以降のデータから平均値をまとめたものです。

MXN TRY ZAR USD EUR GBP AUD NZD
変動幅 0.12 0.80 0.17 0.92 1.40 1.83 1.15 1.00
変動率 1.65% 1.60% 1.66% 0.92% 1.11% 1.20% 1.38% 1.40%

メキシコペソ円(MXN)は一見、他の通貨ペアと比べて変動幅が小さいように見えますが、トルコリラ円(TRY)や南アランド円(ZAR)とともに変動率が高い通貨です。動きが荒いと言われるポンド円(GBP)と比べても大きな動きです。

ふじぽん

動きが荒いと含み損が大きくなる可能も高いけど、リピート売買においては利益が出やすくなるよ♪

おすすめポイント②レンジ相場を形成

2016年以降、メキシコペソ円は比較的狭いレンジで推移してきました。
チャートを見るとわかるように2018年はほぼ5.4円から6.0円の範囲で値動きしています。

2019年も半年が経過しましたが、このレンジのままです。

毎年このような狭いレンジで推移する可能性は低いですが、このレンジ相場が続くならばリピート売買にはチャンスです!
設定レンジを広げすぎると利回りが低下し、スワップ狙いの長期保有のほうが利回りが高くなってしまいます。

ふじぽん

比較的狭いレンジで推移している今だからこそ、利回りが高い運用プランを作成出来るんですね

おすすめポイント③少資金で運用可能

メキシコペソ円の為替レートは5円台です。一方、米ドル円の為替レートは約110円。ということは、米ドル円に比べて20分の1程度の資金で保有することが可能です。

またメキシコペソ円の過去最安値は4.87円です。
ということは、過去最安値まで1円程度の値幅しかありません。
一方、米ドル円の過去最安値は約76円なので、34円程度の値幅があります。

なのでメキシコペソ円ならば、ロスカットレートを過去最安値より広めにとっても比較的少ない資金で運用プランを作成することができ、その分、利回りも高まります

もちろん、米ドル円に比べれば過去最安値を更新する可能性は高いかもしれませんが、トルコリラのように右肩下がりで毎年のように過去最安値を更新している通貨ではありません。

メキシコペソ円は、2011年に初めて5円台に突入して以降、4円台を記録したのは2016年の1回だけです。

過去の値動きはこちら☟
メキシコペソ円の変動幅と推移

リザリピ運用プラン

紹介する運用プランは資金として50万円準備する必要があります。
すぐに50万円は準備できないという場合は、20万円からスタートして徐々に50万円プランへ近づけていくことも可能です。

積立口座の設定

リザーブ口座には、セントラル短資がおすすめです。

スワップポイントが15円(2019年7月現在)と業界トップを維持しています。
スプレッドも0.3銭とこちらも業界トップ!

メキシコペソ円のスワップ運用においては、もうセントラル短資FXの一択しか考えられません。

デメリットをあげるとすれば、他の多くのFX口座とスワップポイントの受取のタイミングが異なる点です。
多くの口座ではスワップポイントはポジションの決済時に反映されることが多いのですが、セントラル短資FXは毎日口座に反映されます。

セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設
セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設
セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.com

ただし、年間利益が20万円を超えるような方は、みんなのFX(LIGHT FX)のほうがいいかもしれません。
スワップポイントの受取を遅らすことが出来れば、税制面で有利になる可能性があります。

LIGHT FXならお得なキャンペーンも実施中です!

「LIGHT FX」公式HPより

レイダーズ証券【LIGHT FX】

リザーブ口座の運用プランは以下の通りです。

リザーブ口座
資金:20万円
保有量:15万通貨
積立:スワップ益が1500円貯まるごとに0.1万通貨積立
※ただしレートが5.7円以上の時は積立保留

想定されるスワップ益による利回りは、為替差による損益を除いて約40%です。
為替レートが5.7円のときにポジションを保有した場合、4.6円程度まで下落しても耐えることが出来ます

あとはスワップポイントが1500円貯まるごと(約1週間ごと)に0.1万通貨ポジションを増やしていきます
ただし、高値掴みするとロスカットレートがあがってしまうので、メキシコペソ円の為替レートが5.7円以上のときには積立を見送るつもりです。

リピート売買の設定

リピート用口座には、マネーパートナーズを使います。

スプレッドが0.3銭とセントラル短資FX同様にスプレッドが業界トップです。
リピート売買においては特にスプレッドを気にする必要があります。

なぜセントラル短資ではなく、マネーパートナーズなのか!?

それは、連続予約注文という機能があるからです。20回分の注文を一度に出すことが可能です。
トラリピやループイフダンのようなリピート系自動売買ツールに近い機能です。この連続予約注文があれば、注文が約定するたびにIFD注文を再発注する煩わしさがありません。
仕事中や就寝中でも勝手に次の注文を出してくれるので利益を取り損ねる心配もありません。

今なら口座開設特典としてお試し資金1000円がもらえる太っ腹なキャンペーンを実施中です。
“おためし”って言葉がいいですね 笑

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

 

リピート売買のプランは以下の通りです。

リピート口座
資金:30万円
最大保有量:25万通貨
設定レンジ:
5.40~5.88 ※2銭刻み
利確幅:3銭(利益300円)

これまで実施してきた検証では、3銭から6銭くらいの利確幅が最も資金効率が高くなりそうという結果が出ています。

メキシコペソ円のリピート売買を過去データで検証

実際のトレードによる検証でも3銭と5銭の利確幅では、ほぼ同じような利益となっていて大差ありません。

メキシコペソ円でリピート売買するなら利確幅は?

そこで下落相場でも利益を生み出しやすい3銭幅で運用してみることにしました。上昇相場と判断した場合には、一時的に利確幅を5銭もしくはもう少し広くするかもしれません。

2018年のような値動きがつづけば、上記プランで約60%の利回りを期待できます。

運用資金はどのくらい必要?

紹介した運用プランは50万円プランですが、余裕資金が50万円しかない人がリザリピ運用だけに50万円を投資するのはおススメできません。ふーじーも通貨ペアと運用プランを分けてリスクを分散しています。

メキシコペソのリザリピ運用は20万円程度から始めることが出来ます。もちろん資金が多いほうが同じ手間でより多くの利益につながる可能性がありますが、手持ちの余裕資金にあわせて無理のない範囲で始めることが大切です。

よくある質問 Q&A


スミマセン、今後のメキシコペソ円の見通しは分かりません。
分からないから相場変動を気にしないでいい運用プランにしています。

過去最安値を下回るのが心配な場合は、リザーブ口座に10万円・リピート口座に20万円追加することで4円程度まで耐えられる設定になります。
このリスクを下げた設定でも40%近い利回りが期待できます。

口座を2つに分けることで資金管理はしやすくなります。

もちろん、スプレッドが狭くてスワップポイントが高いセントラル短資FXに一極集中させるという方法も資金効率の面では良いかもしれません。IFD注文を小まめに再設定でき、資金管理にも自信がある場合は1つの口座でも全然問題ないと思います

FX会社とのタイアップが完了しないと口座開設特典としてオリジナルレポート等をお渡しすることは出来ません。ただし紹介している「セントラル短資FX」と「マネーパートナーズ」は、メキシコペソ円を運用するなら本当におすすめできる口座です。タイアップしてもらえるまで今しばらくお待ちください。もちろん、当ブログ経由で口座開設していただいた方には、『リザリピ』運用のご質問等にしっかり対応させて頂きますよ!

50万円プラン以外で始めてみたいという方や初心者の方で資金管理に自信がないという方は、お気軽にお問い合わせくださいね♪

お問い合わせは、専用フォームもしくはツイッターDM(@otameshi_labo)にてどうぞ!

 

口座開設はこちらから☟

セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設
セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設

セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.com
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ