スワップ派もサヤ取り派も気になる!トルコリラ月間スワップランキング

高金利通貨として人気の高いトルコリラ。
1万通貨あたり約60円のスワップポイントがつき、レバレッジ1倍でも年利10%超の利回りになります。
【注意】ただし為替が下落傾向なので注意が必要です!

引用元=外為どっとコム公式HP

ふーじーは、スワップ運用とサヤ取りの両方で運用しています。リスクの高い通貨なので運用に消極的な意見も多々ありますが、高い利回りを求めるのであればリスクが高くなるのは当たりまえ!スワップ運用は余裕資金の中の余裕資金で無理のない範囲で、サヤ取りは段構え戦法でリスク対策して運用しています。

気になるのはスワップポイントの動向です。スワップポイントが下がれば利回りは落ちてしまいます。

だからと言って、スワップポイントの高いFX口座にコロコロ鞍替えしていたらスプレッド分のコストが発生してしまうので結局は利回りを落としてしまいます。

目先のスワップポイントにつられず、長い期間安定して高いスワップポイントを提供してくれるFX口座を見つけることが重要です。

トルコリラ円 最新スワップポイントと今後の見通し

10月31日現在の最新スワップポイントは以下の通りです。変動が激しいFX口座と安定しているFX口座があるので単純には比較できませんが参考程度にどうぞ!

スワップポイントの比較は、次章で紹介する月間ランキングで比較するほうが望ましいです。

★最新スワップポイント(2019年10月31日現在)

FX口座スワップスプレッド
アイネット証券707銭
みんなのFX531.8銭
マネーパートナーズ523.8銭
ヒロセ通商561.9銭
くりっく36551変動

※FX口座名をクリックするとそれぞれの最新スワップポイントが確認出来ます

★トルコリラの今後の見通し

ここに掲載しているFX口座は2019年6月頃まではスワップポイント100円以上でしたが、現在は60円前後です。
トルコの政策金利が24%から14%まで引き下げられたので致し方ありません。
トルコのエルドアン大統領は、今後も政策金利を引き下げたい意向なので再びスワップポイントが100円に復活するのは難しいと思われます。
今後もスワップポイントが減少する可能性が高いです。

政策金利が引き下げられたということは、トルコの経済情勢が良いということでもあります。
多少スワップポイントが減ってもトルコリラ高(円安)になって為替差益が発生する可能性があるので、トルコリラのロング保有者にとっては決して悪い話ではありません。

外的要因によるトルコリラ安(円高)は今後も発生する可能性はあるでしょうが、トルコの経済情勢によるトルコリラ安(円高)についてはこれまでより可能性が減ったとみています。

月間スワップポイントランキング

それではトルコリラ円のスワップポイントの動向について買いスワップポイントが多い口座と売りスワップポイントが少ない口座を比較します。

買いスワップポイントが多い口座を比較

10月の月間ランキングは、

1位:アイネット証券 70.0円
2位:くりっく365 67.1円
3位:みんなのFX 65.2円

でした。

7カ月連続でアイネット証券が1位です。


シストレi-NET

 

アイネット証券みんなのFXくりっく365ヒロセ通商
月間スワポ付与日数平均月間スワポ付与日数平均月間スワポ付与日数平均月間スワポ付与日数平均
1月346030115.3345429119.1348329120.130123294.1
2月324028115.7341628122.0348028124.326792895.7
3月373031120.3348429120.1418629144.3291729100.6
4月360030120.0376535107.6368735105.3330830110.3
5月384933116.6328030109.3320630106.9349833106.0
6月304028108.6262026100.8275426105.927122896.9
7月322531104.032013397.031843396.530553392.6
8月28153288.024503081.724823082.723333077.8
9月22832978.722292976.922192976.521112972.8
10月21703170.022183465.222803467.120533362.2
合計31412303103.73011730399.430961303102.22767830590.7

売りスワップポイントが少ない口座

サヤ取り派(両建て派)にとって気になるのが売りスワップポイントです。
高金利通貨のトルコリラだけに売りポジションを持っているとマイナススワップが重くのしかかります。
少しでもマイナスが少ない口座を選びたいところです。

買い口座に比べ、売り口座は対象が少ないです。
現状、おすすめできるのは次の2社のみです。

  • GMOクリック証券
  • セントラル短資

トルコリラ円のスワップさや取りを長い間支えてきてくれたのは、GMOクリック証券です。
2019年3月からセントラル短資も頑張ってくれており、競争を繰り広げています。
マネーパートナーズも時々上位に顔を出してきますが、おすすめ2社に比べると安定感がありません。

10月もセントラル短資FXがトップです。
GMOも徐々に改善されてきました。

買いスワップポイントと売りスワップポイントの差は20円未満で、サヤ取りをするにはサヤがやや小さい状況が続いています。

GMOセントラル
月間スワポ付与日数平均月間スワポ付与日数平均
1月-240929-83.1-309929-106.9
2月-240428-85.9-290828-103.9
3月-265729-91.6-267829-92.3
4月-299535-85.6-297035-84.9
5月-249430-83.1-259030-86.3
6月-218126-83.9-232826-89.5
7月-313033-94.8-276333-83.7
8月-227330-75.8-215930-72.0
9月-207528-74.1-199628-71.3
10月-206034-60.6-201234-59.2
合計-24678302-81.7-25503302-84.4

 

スワップ派におすすめなFX口座

スワップ運用におすすめな口座は、以下の4つです。
理由はスワップポイントが高い位置で安定しているからです。

  • みんなのFX(LIGHT FX)
  • くりっく365
  • アイネット証券

みんなのFXとLIGHT FXはともにトレイダーズ証券が運用するFX口座です。
くりっく365はGMOクリック証券や岡三オンライン証券などで取り扱っている取引所FXです。
アイネット証券は、リピート系自動売買で有名なループイフダンを扱っているFX口座です。

比較の中に入れていない口座では、サクソバンクもおすすめです。
ただし他の証券会社に比べて必要証拠金が多いのでサヤ取りには不向きです。
レバレッジ2倍程度でスワップ運用するなら検討してもいいかもです。

SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設
SAXOBANK証券 新規口座開設?|?fx-on.com

サヤ取りに最適なFX口座

買い口座に関しては、スワップ運用でおすすめ口座として紹介したFX口座(サクソバンクを除く)が同じくオススメですが、なかでもイチオシはアイネット証券です。

アイネット証券はスプレッドが7銭と他のFX口座に比べて広いのですが、スワップポイントの受取日が他のFX口座と違っているので、その特性を生かすことで問題をクリア出来ます。

詳しくはこちらでまとめています☟
ループイフダンだけじゃない!?アイネット証券がおすすめな理由

ふじぽん

スプレッドが広すぎるため、スワップポイント比較サイト等でアイネット証券は対象外になっていることが多いんですが、実は隠れ1位だったりします!

売り口座に関しては、GMOクリック証券かセントラル短資FXのどちらかです。

月間ランキングでは、1位の座が入れ替わっているので正直どちらがいいか難しいところです。
どちらを選んでも間違いないでしょう!

サヤ取りFX口座の組み合わせ

サヤ取りにおすすめなFX口座の組み合わせは、

おすすめ① 買い:くりっく365(GMO) 売り:GMOクリック証券
おすすめ② 買い:アイネット証券 売り:GMOクリック証券orセントラル短資FX

おすすめ①は同じGMOクリック証券で2つの口座を持てるので、リバランスする際に資金移動がスピーディーで簡単に行えます。
いざというときのリスク対策になります。

 

GMOクリック証券
おすすめ②は買い口座にアイネット証券を入れています。
アイネット証券は、高い位置で安定したスワップポイントを提供してくれます。


シストレi-NET

 

トルコリラさや取りの人気記事はこちら☟
段構えで防御力アップ!FXトルコリラスワポさや取りの対処法
トルコリラ円のスワップさや取りをほったらかしで超安全に運用

ふーじーの運用実績はこちら☟
トルコリラ円さや取り実績報告&スワポ比較