年金受給70歳繰り下げは損か得か?運用しながら取り崩すケースで65歳・75歳支給開始と比較

年金受給開始繰り下げの損得

年金の受給開始年齢を繰り下げた場合に何歳まで生きることが出来たら得なのか?早死にしそうなら繰り下げずに早くから受給しないと損なのか?

雑誌やワイドショーなどでよく見聞きする年金の話です。

ふーじー

でも、実際に知っておきたいのは「何歳から受給開始するケースが不安なく無理なく生きていけるのか?」
確かに!何歳まで生きることが出来るかわからないんだから損か得か考えても…

今回は、老後資金2000万円を運用しながら取り崩した場合、何歳から年金をもらい始めるのがいいのか、検証してみました。

年金受給繰り下げによる損得の比較(65歳・70歳・75歳)

まずは受給開始を何歳にするのが、損か得かの話です。

70歳に繰り下げた場合、82歳まで生き延びたら65歳から受給開始するより得になります。だいたい日本人の平均寿命あたりですね。

では、75歳まで繰り下げた場合はどうなのか?

87歳まで生き延びたら65歳から受け取る場合よりも得になり、92歳まで生き続けたらやっと70歳から受け取った場合よりも得になる計算です。

【早見表】年齢別の年金受給額総計

受給開始支給額70歳75歳82歳87歳92歳100歳
65歳月16万96019203264422451846720
70歳22.7万013623268.84630.85992.88172
75歳29.4万002469.64233.65997.68820

※受給開始の年齢別支給額は、週間ポストのこちらの記事を参考にしています

なお、65歳・70歳・75歳から受給を開始した場合の詳細についてはこちらをクリックしてご確認ください。

65歳70歳75歳
66歳19200
67歳38400
68歳57600
69歳76800
70歳96000
71歳1152272.40
72歳1344544.80
73歳1536817.20
74歳17281089.60
75歳192013620
76歳21121634.4352.8
77歳23041906.8705.6
78歳24962179.21058.4
79歳26882451.61411.2
80歳288027241764
81歳30722996.42116.8
82歳32643268.82469.6
83歳34563541.22822.4
84歳36483813.63175.2
85歳384040863528
86歳40324358.43880.8
87歳42244630.84233.6
88歳44164903.24586.4
89歳46085175.64939.2
90歳480054485292
91歳49925720.45644.8
92歳51845992.85997.6
93歳53766265.26350.4
94歳55686537.66703.2
95歳576068107056
96歳59527082.47408.8
97歳61447354.87761.6
98歳63367627.28114.4
99歳65287899.68467.2
100歳672081728820

※単位 支給額総計:万円

老後資金を運用しながら取り崩すケースで比較

さて、支給額の総計では平均寿命あたりまで生き延びるとしたら『70歳繰り下げ』が、92歳を超えてずっとずっと長生きするなら『75歳繰り下げ』が”得”である計算になりました。

しかし、70歳・75歳まで受給開始を繰り下げるだけの貯蓄・もしくは働く体力があるのか!?

結論から言うと、老後資金として必要とされる2000万円の貯蓄だけではモデルケースに出てくるような平均的な生活を送ると75歳まで持ちません。68歳ごろまで働くなりして68歳になるまでは2000万円の貯蓄にほぼ手をつけないなら75歳まで繰り下げても大丈夫そうです。

ふーじー

損得で話をするなら、年利3%で運用しながら2000万円を取り崩すケースでは87歳まで生き延びなければ得にはなりません (笑)
でも、本当に知っておきたいのはそこではなくて…

【モデルケース】老後資金2000万円を3%で運用しながら月24万円で生活する場合

下記の表は、65歳までに老後資金2000万円を貯めて年利3%で運用しながら取り崩すケースで年齢別に老後資金の残金を比較したものになります。老後に必要な生活費は月24万円で試算しています。

65歳70歳75歳
66歳196217671767
67歳192415281528
68歳188412811281
69歳184310271027
70歳1801765765
71歳1757772495
72歳1712779217
73歳1666787-69 
74歳1618794-364 
75歳1569802-667 
76歳1519811-621 
77歳1467819-574 
78歳1414828-526 
79歳1358837-475 
80歳1302846-424 
81歳1243856-371 
82歳1183865-316 
83歳1121876-260 
84歳1057886-202 
85歳991897-142 
86歳923908-80 
87歳853919-17 
88歳78193149
89歳707943116
90歳631955185
91歳552968257
92歳471981330
93歳388995406
94歳3021009484
95歳2131023564
96歳1221038647
97歳281053732
98歳-68 1069820
99歳-168 1085911
100歳-271 11021004
生活費は月24万円で設定
65歳受給開始の場合は毎月8万円の取崩し、70歳受給開始の場合は70歳までは毎月24万円の取崩し・70歳以降は毎月1万3千円の取崩し、75歳受給開始の場合は75歳までは毎月24万円の取崩し・75歳以降は毎月4万4千円の貯蓄として計算しています。

【個別ケース】5つの項目を入力するだけで簡単シミュレーション

先ほど紹介したケースは、あくまでモデルケールです。それぞれのご家庭によって事情が異なります。

こちらの計算ツールを使えば、5つの項目を入力するだけで簡単に70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳時点の貯蓄残金を計算することが出来ます。

ぜひ、ご活用ください。

まとめ

今回の検証したモデルケースにおいては、『70歳繰り下げ』が一番安心して老後を過ごせるパターンになりそうです。100歳以上生き延びたとしても大丈夫な計算です。

『65歳繰り下げ』では、98歳以上長生きすると貯蓄が尽きてしまう計算になりました。それでは、長生きするにつれて少しずつ不安になってきそうですよね。

一方、『75歳繰り下げ』では、そもそも73歳で老後資金が尽きてしまいます。68歳ごろまで働く元気があったなら75歳まで繰り下げても計算上は老後資金は尽きません。

ただし、今回の検証は執筆時点の情勢をもとにしたものです。今後、支給額や物価が変動する可能性があります。

また、モデルケースでは貯蓄額2000万円・生活費24万円/月・運用利回り3%/年として計算していますが、この条件が変化することで老後資金の残高も変動します。

計算ツールを使ってそれぞれのご家庭にあった条件でシミュレーションしてみてください。

20年以上の長期運用において年利3%は十分可能な数字ですが、それよりも長生きしたときにお金の管理がしっかりできるかどうか、が心配ですね(笑)

【10秒診断】資産運用シミュレーション~複利運用&積立投資で老後資金や子どもの学費はいくら貯まる?

ふーじー

いつも当サイトをご拝読いただき、ありがとうございます。ご参考にして頂ければ幸いです
ご質問やご要望、叱咤激励はお気軽にこちらからどうぞ!ご意見・ご感想を頂けると励みになります!(^^)!

☟応援クリックよろしくお願いします☟

ブログランキング・にほんブログ村へ